キムチとは?

●何種類ぐらいあるの?

韓国の専門研究機関の調べによると、主原料による分類だけで187種もあるといわれています。

ヤンニョムさえあれば、漬け込む素材次第で多種多様なキムチが作れるので、自分だけのオリジナルキムチを作ることもできるんです。

韓国では、寒くて長い冬の間、貯蔵しておいたキムチを食べ続けますが、春になると出始めた青っぽい野菜でキムチを作って失った食欲を取り戻すといわれています。

春は、セリやニラ、キキョウなどを即席の浅漬け風に、さわやかな味わいで楽しみます。

・キムチを一言でいうと

・キムチの発酵って?

・ヤンニョム(薬念)って何?

・キムチの語源を教えて!

・どんな歴史があるの?

・韓国の人は一日にどのくらいキムチを食べている?

・韓国の家庭では、どのくらいのキムチを漬けこむの?

・キムチの食べ頃はいつ?

・酸っぱくなったら?

・保存方法は?

・異常発酵の見分け方?

よくある質問

雑誌で紹介

テレビで紹介

ラジオで紹介

大東園について

焼肉について

キムチとは?

イベント

店主が語るこだわり

大東園牛舎日記

大東園 牛舎

ご来店頂き誠にありがとうございます。店長の渡辺です。昭和45年創業「博多大東園」より、素牛から一貫して肥育する壱岐牛をはじめ、佐賀・伊万里・宮崎・福岡・鹿児島…。博多の地で40余年営業し続けたことで、上質の黒毛和牛を安定してお届けさせて頂いております。また、焼肉に合うのは韓国料理です。当店の味をご家庭でどうぞ。「博多ユッケジャン」は私のイチオシですよ!
店長日記はこちら >>

レシピ集

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

カレンダー
  • 今日
  • 休業日

お電話での受付時間は月~土曜日の9時~18時です。

日曜は定休日とさせていただきます。

電話対応・メール連絡・入金連絡・発送業務はお休みさせていただきます。

詳しくは、「ご利用案内」をご覧下さい。

QR

ページトップへ