焼肉について

●焼肉のはじまり

焼肉のはじまり

日本では、牛肉などを正式に料理する伝統文化が古くはありませんでした。
明治になって、やっと仏教の肉食禁止の戒律が解かれ、逆に肉食が奨励されることになり、そこで始まった肉料理が「すき焼き」、「しゃぶしゃぶ」のたぐいだと言われています。

お肉を直火で焼く「焼肉法」の料理法を日本に定着させたのは、日本に住む韓国・朝鮮の人たちです。朝鮮半島では、仏教規律による肉食禁止は、儒教国家の成立により15世紀には解かれるが、それ以前の13世紀にすでに北方の食肉民族の影響で、動物肉は食べられていたと言われています。
そして彼らの営むお店をもとに、今日の日本式の「焼肉店」の原形が出来あがりました。

韓国の食文化には、「混ぜる」「混ぜ合わせる」(ピビン=韓国語)と言う考え方があり、ピビンバ、ピビン麺など日本でもおなじみの料理があります。
焼肉も同じく、野菜(サンチュ)にお肉をはさみ、好みでニンニク、ゴマの葉、キムチ、青唐辛子なども一緒に入れて食べられています。
口の中で様々な食材が混ざり合い、まさしく韓国の食文化に倣った食べ方です。

また、日本式と違う点は、お肉をタレに漬け込むことです。野菜などと一緒に食べると水っぽくなる為だ、とも言われています。
日本でも野菜にお肉を巻いて食べられていますが、味のバランスを整える為に、「チシャみそ」、「ヤンニョム」などの薬味を少量付けて食べられています。

このように、「混ぜ合わせて食べる」と言う韓国の習慣が、野菜、お肉などをバランスよく体に取り入れられる、「薬食同源」につながっているのです。


昨今では、オーストラリア、イギリス、アメリカなどでも日本式の「焼肉店」が普及しています。やはり牛肉を一番美味しく食べる料理法が「焼肉法」ということなのでしょうか?
その中にあって、日本の「国産和牛」は最も高い評価を受けています。


私たち大東園も、この「国産和牛」をご提供出来ることに感謝し、今日も笑顔で皆様のご来店を心よりお待ちしております。

お中元ギフト特集


2017年大東園のお中元ギフト特集

配達時間帯の変更について

【変更日】
2017年6月19日(月)

【配達時間帯の指定枠の変更点】
「12時から14時」→「廃止」
「20時から21時」→「19時から21時」

【6月19日以降に変更前の配達時間帯を指定した場合】
「12時から14時」・・・「指定なし」扱いになります
「20時から21時」・・・「19時から21時」に自動変更されます



【ヤマト運輸の案内ページ】
 http://www.kuronekoyamato.co.jp/ytc/ad/1001/#anchor02

何卒ご理解とご了承の程よろしくお願い申し上げます。

よくある質問

雑誌で紹介

テレビで紹介

ラジオで紹介

大東園について

焼肉について

キムチとは?

イベント

店主が語るこだわり

大東園牛舎日記

大東園 牛舎

ご来店頂き誠にありがとうございます。店長の渡辺です。昭和45年創業「博多大東園」より、素牛から一貫して肥育する壱岐牛をはじめ、佐賀・伊万里・宮崎・福岡・鹿児島…。博多の地で40余年営業し続けたことで、上質の黒毛和牛を安定してお届けさせて頂いております。また、焼肉に合うのは韓国料理です。当店の味をご家庭でどうぞ。「博多ユッケジャン」は私のイチオシですよ!
店長日記はこちら >>

レシピ集

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

カレンダー
  • 今日
  • 休業日

お電話での受付時間は月~土曜日の9時~18時です。

日曜は定休日とさせていただきます。

電話対応・メール連絡・入金連絡・発送業務はお休みさせていただきます。

詳しくは、「ご利用案内」をご覧下さい。

QR

ページトップへ