キムチとは?

●どんな歴史があるの?

キムチは、長い冬の間のビタミンと無機質を得るための保存食として受け継がれてきました。

季節ごとの野菜を塩漬けし、ニンニク、生姜、ニラ、ネギ、からし菜などの香辛料と、とくに海辺に住む人たちは、イワシ、アミ、イカの塩辛や、タイ、タチウオ、イシモチ、タラなどを塩につけて発酵させたエキスを加えて、味を調えてきました。

2000年前にはその原型というべきものは作られていたようですが、その頃のキムチには、唐辛子を使っていませんでした。

しかし、ケイトウの花でピンク色に染めたり、からし菜の葉で紫色に染めたりしたので、色は今のものと似ていたかもしれません。

唐辛子が韓国に入ってきたのは500年ほど前。
中国から日本に伝わった唐辛子が、韓国に「武器」として入ってきました。

これをキムチに使ってみると「腐りにくい」「原料に使うアミ塩などの魚の生臭さが消える」ので入れるようになったとか。

韓国の土地は、日本と違って痩せた土地が多いので、唐辛子が甘くて辛味のあるものに育つんです。

じつは、これがキムチに最適!

ところで、同じ韓国でもキムチの辛さが北方と南方で違うのは、南方のほうが保存のために塩を多く使うからでしょうか。あるいは、南方のほうが、イワシエキスやアミ塩などの魚介から作る塩分を多く含む材料をよく使うからかもしれません。

北方にあった宮廷では身体のためにあえて薄味に作っていたから、ともいわれます。

・キムチを一言でいうと

・キムチの発酵って?

・ヤンニョム(薬念)って何?

・キムチの語源を教えて!

・韓国の人は一日にどのくらいキムチを食べている?

・韓国の家庭では、どのくらいのキムチを漬けこむの?

・キムチの食べ頃はいつ?

・酸っぱくなったら?

・何種類ぐらいあるの?

・保存方法は?

・異常発酵の見分け方?

ギフト特集


2017年大東園のお中元ギフト特集

配達時間帯の変更について

【変更日】
2017年6月19日(月)

【配達時間帯の指定枠の変更点】
「12時から14時」→「廃止」
「20時から21時」→「19時から21時」

【6月19日以降に変更前の配達時間帯を指定した場合】
「12時から14時」・・・「指定なし」扱いになります
「20時から21時」・・・「19時から21時」に自動変更されます



【ヤマト運輸の案内ページ】
 http://www.kuronekoyamato.co.jp/ytc/ad/1001/#anchor02

何卒ご理解とご了承の程よろしくお願い申し上げます。

よくある質問

雑誌で紹介

テレビで紹介

ラジオで紹介

大東園について

焼肉について

キムチとは?

イベント

店主が語るこだわり

大東園牛舎日記

大東園 牛舎

ご来店頂き誠にありがとうございます。店長の渡辺です。昭和45年創業「博多大東園」より、素牛から一貫して肥育する壱岐牛をはじめ、佐賀・伊万里・宮崎・福岡・鹿児島…。博多の地で40余年営業し続けたことで、上質の黒毛和牛を安定してお届けさせて頂いております。また、焼肉に合うのは韓国料理です。当店の味をご家庭でどうぞ。「博多ユッケジャン」は私のイチオシですよ!
店長日記はこちら >>

レシピ集

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

カレンダー
  • 今日
  • 休業日

お電話での受付時間は月~土曜日の9時~18時です。

日曜は定休日とさせていただきます。

電話対応・メール連絡・入金連絡・発送業務はお休みさせていただきます。

詳しくは、「ご利用案内」をご覧下さい。

QR

ページトップへ